■入札参加資格審査システムの利用について

-----------------------------------------------------------------

 

入札参加資格審査システムは、入札参加資格審査業務の共同化のために、参加自治体より業務委託を受けた公益財団法人岐阜県建設研究センターが、共同審査業務の円滑な遂行を目的として、開発・運営をしています。

このシステムを利用して参加自治体に対し電子申請手続を行う方は、下記「入札参加資格審査システム利用規約」を十分に理解し、同意していただくことが必要です。

 

 

 

入札参加資格審査システム利用規約

 

 

第1条(目的)

  入札参加資格審査システム利用規約(以下「本規約」といいます。)は、入札参加資格審査システム(以下「本システム」といいます。)を利用するために必要な事項を定めるものです。

 

第2条(利用許諾)

本システムを利用して参加自治体に対し電子申請を行う方(以下、「利用者」といいます。)は、本規約に同意したものとみなして、本システムの利用を許諾します。

 

第3条(著作権等)

本システムが利用者に提供するコンテンツの著作権は、公益財団法人岐阜県建設研究センター(以下、「センター」といいます。)に帰属します。

本システムに含まれるプログラム及びその他著作物等の修正、複製、改ざん、販売等、本システムの適切な利用以外のいかなる行為も禁じます。

 

第4条(禁止事項)

本システムの利用にあたっては、次に掲げる行為を禁止します。

(1)適切な利用目的以外の目的で利用すること。 

(2)本システムに対し、不正にアクセスすること。

(3)本システムに故意に虚偽の情報等を登録すること。

(4)他の利用者ID及びパスワードを不正に入手すること。また、これらを使用すること。 

(5)本システムのコンテンツを修正、複製、改ざん、又は販売すること。

(6)本システムの管理及び運営を妨害し、又は妨害の恐れのある行為をすること。

(7)本システムに対し、ウィルスに感染し、また、感染した恐れのあるファイルを送信すること。 

(8)本システムのコンテンツの全部又は一部を第三者に頒布、送信その他の方法で提供すること。

(9)他の利用者、その他の第三者又は本システムに損害を与え、又は与える恐れのある行為をすること

10)その他、法令等に違反し、又は違反する恐れのある行為をすること。 

11)その他、センターが不適切と判断する行為をすること。

 

第5条(免責事項)

   センターは、次に掲げる損害に対して、一切の責任を負いません。

(1)利用者が本システムを利用したことにより発生した利用者の損害及び利用者が第三者に与えた損害

(2)第12(システムの制限又は停止)の規定による、本システムの制限・停止により生じた損害

(3)利用者以外の者による利用者ID及びパスワードの使用により利用者に生じた損害

(4)センターにて受付処理を行うまでの間に、利用者の申請データ及び送付書類等の破損・紛失等により発生した損害

 

第6条(利用者の責務)

(1)利用者は、使用するパソコン、通信機器及び回線等が正常に稼働する環境を確保するものとします。

(2)利用者は、利用者ID及びパスワードを厳重に管理し、第三者への漏洩を防ぐ責任を負うものとします。また、パスワードについては定期的な変更により第三者への漏洩防止に努めるものとします。

(3)利用者は、第4条(禁止事項)に違反し、他の利用者、その他の第三者又は本システムに損害を与えたときは、特別な事情があると認められた場合を除き、センターの指示に従い、現状復帰又は弁償の責任を負わなければならないものとします。

(4)利用者は、申請書類等のセンター送付時における紛失・破損等による未到達・延着等の危険性を鑑み、配達に至る各過程が記録される書留、配達記録等の方法によりセンターへ送付するものとします。

 

第7条(利用の停止又は制限)

センターは、利用者が本規約に反する行為をしたと認められる場合は、当該利用者に対し、本システムの利用を停止又は制限することができるものとします。

 

第8条(システム利用時間)

本システムの利用が可能な時間は、12条(システムの制限又は停止)の何れかに該当する場合を除き、通年24時間とします。

ただし、センターにおける入札参加資格審査に係る事務処理については、10条(事務処理期間)によるものとします。

 

条(事務処理内容)

センターにおける事務処理内容は、次に掲げるものとします。

(1)利用者の登録管理(利用者ID・パスワードの付与、登録完了通知等)

(2)資格申請の受付(電子申請による申請データ及び添付ファイル、郵送等により送付される添付書類)

(3)形式審査(申請内容の客観的審査、申請内容不備時における通知等)

(4)参加自治体とのデータ授受

(5)送付書類の保管

(6)更新期限通知

(7)システム運営管理(ポータル編集、障害復旧対応等)

(8)ヘルプデスク(問い合わせ対応)

 

10条(事務処理期間)

(1)入札参加資格審査に係るセンター事務処理時間は、官公署業務日の午前8時30分から午後5時15分までの間とします。

(2)センターは、利用者が本システムにより電子申請手続を行った申請データ及び郵送等により送付された添付書類がセンター受付窓口に到着した時点より、審査を行うものとします。

(3)センターは、第条(事務処理内容)の(2)〜(4)の処理内容について、10営業日以内(1営業日は官公署業務日1日とします)に行うものとします。

なお、正式な審査結果通知については、センター審査後に行われる参加自治体による資格審査後に、利用者宛て原則メールにて送付されます。

 

11条(問い合わせ時間)

本システムに関する電話によるお問い合わせは、官公署業務日の午前8時30分から午後5時15分までの間、ヘルプデスクにて受け付けるものとします。また、電子メール及びFAXによるお問い合わせは、通年24時間受け付けるものとしますが、回答については、翌日以降のセンター事務処理時間になる場合があります。

なお、ヘルプデスクに関する問い合わせ先、手続等については、本システムのポータルサイト(トップページ)に掲載いたします。

 

12(システムの制限又は停止)

センターは、次に掲げる場合において、システムの利用を制限又は停止することができるものとします。

(1)システムを構成する機器等に障害が発生した場合。

(2)システムの保守等において機器等の停止が必要な場合。

(3)その他、センターが本システムの運用上、一時的な中断が必要と判断した場合。

なお、センターは、本システムの利用を制限又は停止する場合は、事前に本システムのポータルサイト(トップページ)に掲載するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではないものとします。

 

13条(障害時等の措置)

本システムが障害等により利用できなくなった場合には、利用者は、紙書類による申請手続を行うこととし、このことを承知の上で本システムを利用するものとします。

 

14条(登録情報の使用)

本システムへの登録情報は、利用者の管理及び入札参加資格の審査を行うために使用するものであり、センターはその他の目的での使用は一切いたしません。

 

15条(本規約の変更)

センターは、必要に応じて本規約を変更し、又は新たな条項を追加することができるものとします。

利用者は、利用の都度、本規約の確認を行うものとし、規約変更後に本システムを継続して利用した場合は、変更後の規約に同意したものとみなして、本システムの利用を許諾します。

 

16条(管轄裁判所)

本システムの利用に関して、利用者とセンターとの間で生じた紛争については、岐阜地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

 

17条(準拠法)

本規約は、日本国法に準じて解釈されるものとします。

 

 

 

 

本規約は、平成21年4月1日から施行します。